きまぐれハチログ

思いつき行動多めの日常記録。一人暮らし/シンプルライフ/写真/お出かけ/料理

きまぐれハチログ

 

実家に帰ったらフィルムを探してみて~ 期限切れフィルムで撮って現像してみた。

f:id:hachi-log:20191230002913j:plain

フィルムは生ものだ。

食品に賞味期限や消費期限があるのと同じように、フィルムには使用期限ってものがある。フィルムの箱を見るとどこかに「有効期限」の文字がある。

じゃあそれが過ぎたフィルムは使えないの?

というと使えないこともないけど色や写りは保障できませんよ~って感じ。

 

 

このあいだ吉祥寺にあるオルレアカメラさんに遊びに行ってきたら期限切れフィルムがあったから面白そうだと思って買って帰ってきた。

中古のフィルムだからこれまでどんなところを渡ってきてどんな風に保存されてきたかは不明。同じ有効期限だったとしても冷蔵庫で保管されてたのと直射日光にさらされて保管されていたのとではフィルムの状態は全然違う。

フィルムの写り方や色の出方には有効期限だけじゃなくて保存のされ方も大きく関係してくるから、実際に使って現像してみないことにはどんな風に撮れるのかはわからない。

f:id:hachi-log:20191230000643j:plain

今じゃ見ることのないパッケージのフィルムたち。

 

 

まず最初に使ってみたのはKonicaのCENTURIA400。

f:id:hachi-log:20191230000841j:plain

f:id:hachi-log:20191230000846j:plain

フィルムの有効期限はというと2001年3月!19年くらい前!

わかりやすいようにすっごく天気のいいフィルム散歩日和の日に使ってみた。 

 

f:id:hachi-log:20191229234345j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229234352j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229234415j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229234424j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229234432j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229234439j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229234445j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229234453j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229234500j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229234506j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229234515j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229234526j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229234532j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229234537j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229234547j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229234558j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229234610j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229234616j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229234624j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229234631j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229234641j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229234648j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229234657j:plain

 

像が!浅い!!!!

色はほとんどが抜け落ちて、明るさのあったところに赤みが乗っかってる。

 

コントラストがはっきりしているようなものを中心に撮るようにしていたのに、それでもメリハリがかなりなくなってる。

メリハリの少なかった山からの景色なんてもう潰れちゃってる。

あーああ。

 

 

 

お次はKonicaの業務用カラーフィルム400。

f:id:hachi-log:20191230002125j:plain

f:id:hachi-log:20191230002131j:plain

有効期限は2003年10月。さっきのと2、3年しか変わらない。

箱はちょっと汚れてるけど写りは果たして、、、?

 

 

f:id:hachi-log:20191229234727j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229234732j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229234747j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229234759j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229234804j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229234812j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229234818j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229234827j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229234835j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229234842j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229235148j:plain

f:id:hachi-log:20191229234905j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229234915j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229234939j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229234952j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229235000j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229235008j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229235016j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229235023j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229235029j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229235035j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229235041j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229235050j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229235057j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229235103j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229235120j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229235126j:plain

 

f:id:hachi-log:20191229235139j:plain

 

おお!色味はだいぶマゼンダ寄りの色にはなってるものの前回のに比べるとだいぶ像が見えてる。

正直こっちの写りを見たときは少しほっとした。像がはっきり見える~。

 

それでも普段使っている有効期限の切れていないフィルムの写りとの差は明らか。

だって実際に目で見た色はこんな色してなかった。早朝だったけど紫系の要素は全然なかった。

 

これはデジタルだけど同じときに撮った写真を見るとほら!

f:id:hachi-log:20191230010644j:plain

f:id:hachi-log:20191230010652j:plain

f:id:hachi-log:20191230010658j:plain

f:id:hachi-log:20191230010705j:plain

f:id:hachi-log:20191230010712j:plain

f:id:hachi-log:20191230010718j:plain

f:id:hachi-log:20191230010725j:plain

全然違う~!

 

 

 

ってこれは遊びで撮ってみただけだから「へぇ~こんな風に写ってるもんなんだー。おもしろい!」でいいんだけどさ。

 

期限切れのフィルムってどこで出会うことが多いかっていうと実家。片付けなんかをしてるとどっからかポロッと出てきたって話をよく聞く。

年末年始だし帰省する人も多いだろうからそんなフィルムをちょっと探してみてほしい。

そしてもし見つけて、それが撮影済みの現像してないフィルムだったら少しでも早く現像してほしい。

遅くなればなるほどフィルムの状態は悪くなっていく。像が消えていく。

 

何を撮ったものだかわからないし、期限が切れてるからちゃんと像や色が出てくるかもわからない。そもそも誰が撮ったものなのかの記憶があやしいかもしれない。

でももしかしたらすっかり忘れてたすごく懐かしくてあたたかい何かがそこには写ってるかもしれない。

キレイに写ってなくても、少ししか見えなくても、嬉しくなるような何かがまだ残ってるかもしれない。

「かも」だらけの話だけど。

 

機会があればぜひ。

なにか嬉しいものが出てきたらいつか教えて。