きまぐれハチログ

思いつき行動多めの日常記録。一人暮らし/シンプルライフ/写真/お出かけ/料理

きまぐれハチログ

 

【西をぐるっとカメラ旅 4日目】愛媛、フェリー、大分編

f:id:hachi-log:20190303222110j:plain

 

ついに4日目。四国巡りは今日で最後。

時間の流れの早さがもうよくわからない。

家を出てからもうそんなに経ってるの?いやでも振り返ってみると濃いか。

一日一日が濃くて充実してるけど楽しいからあっという間。

 

今日の天気はまたしてもどんより曇り空。

昨日の晴れがずっと続いたらよかったんだけどなぁ。

 

 

 

早朝散歩

せっかくだからと夜明け前にひとり松山の街をふらり。 

f:id:hachi-log:20190304004142j:plain

 

雨で道路が濡れててツヤツヤ。

f:id:hachi-log:20190304004152j:plain

f:id:hachi-log:20190304004200j:plain

f:id:hachi-log:20190304004654j:plain

f:id:hachi-log:20190304004712j:plain

 

まだ早い時間だから商店街は酔っ払いくらいしか歩いてない。

f:id:hachi-log:20190304004803j:plain

でもその酔っ払いの子たちが少しフラフラしながらもちゃんと商店街では自転車を押して歩いててその姿に和んだ。

 

 

 

松山城さんぽ

愛媛最終日のさんぽ地は松山城。

ロープウェイが出てるので乗り場へ向かう。

f:id:hachi-log:20190304005050j:plain

動きがおんなじ。

 

昨日の鯛めし屋さんの少し先まで歩いたところにロープウェイ乗り場。

f:id:hachi-log:20190304005058j:plain

f:id:hachi-log:20190304005117j:plain

大人510円。

 

f:id:hachi-log:20190304005125j:plain

リフトもあったけど、、、あれってめちゃくちゃこわいよね。

あんなただ座ってるだけの状態で高いところで揺られるなんて、、、。ひぃ。

 

ロープウェイから昇ってきたとこを振り返ってみたらいい景色。街だー。

f:id:hachi-log:20190304005134j:plain

f:id:hachi-log:20190304005143j:plain

曇りなことに少しがっかりしてたけど、雲がかかる街はこれはこれでいい雰囲気。

 

ロープウェイで登った先、松山城へと向かう坂道には少しだけ春がちらり。

f:id:hachi-log:20190304005107j:plain

f:id:hachi-log:20190304005151j:plain

f:id:hachi-log:20190304005207j:plain

ぷっくりとした雨粒の乗った花もよき。

 

 

f:id:hachi-log:20190304005225j:plain

f:id:hachi-log:20190304005244j:plain

f:id:hachi-log:20190304005253j:plain

f:id:hachi-log:20190304005311j:plain

f:id:hachi-log:20190304005319j:plain

お城まではもうちょっと。

 

f:id:hachi-log:20190304005508j:plain

門を抜けるとぐるっと街が見渡せる展望エリア。

 

f:id:hachi-log:20190304005517j:plain

ちらっ

 

 

そしてついに松山城。

f:id:hachi-log:20190304005529j:plain

f:id:hachi-log:20190304005606j:plain

お城の手前には梅の木が並んでいた。

f:id:hachi-log:20190304005459j:plain

f:id:hachi-log:20190304005619j:plain

f:id:hachi-log:20190304005639j:plain

曇り空に赤い梅の花が映える。

春はもうすぐ。

 

 

 

f:id:hachi-log:20190304005655j:plain

チケットを買って、いざ松山城!

 

 

f:id:hachi-log:20190304005704j:plain

f:id:hachi-log:20190304010016j:plain

f:id:hachi-log:20190304005710j:plain

f:id:hachi-log:20190304010047j:plain

息がぴったりすぎる。なにこれ。

 

 

松山城に入るとまずは下駄箱。

f:id:hachi-log:20190304010212j:plain

スリッパに履き替えて、すごい角度の階段を上がっていく。

f:id:hachi-log:20190304010219j:plain

お城ってどこも階段の角度がすごいよね。

攻めいられてバタバタしてるときとか、この角度の階段をスムーズに上り降りできるもんなのか、、、?

 

 

f:id:hachi-log:20190304010225j:plain

 

f:id:hachi-log:20190304010238j:plain

どちらもスナイパー。

 

そこから見える景色。

f:id:hachi-log:20190304010246j:plain

f:id:hachi-log:20190304010309j:plain

f:id:hachi-log:20190304010318j:plain

さっきまで歩いてたところだー。

 

 

f:id:hachi-log:20190304010347j:plain

やっぱこの角度の階段はこわいわ。

 

 

床板が格好いい。

f:id:hachi-log:20190304010359j:plain

お城の中へ入り込む光が深みのある床板に反射して艶やかで、ついつい写真を撮ってしまう。

 

 

そんなこんなで松山城を満喫。

寒さと空腹にやられてたからお城を出てすぐのところにある甘味処で一休み。

f:id:hachi-log:20190304010408j:plain

f:id:hachi-log:20190304010416j:plain

中はほかほか~。ゆったり落ち着く雰囲気~。

 

f:id:hachi-log:20190304010424j:plain

はー、寒かった。

 

f:id:hachi-log:20190304010438j:plain

ニヤッ

 

f:id:hachi-log:20190304010459j:plain

ニヤッ

 

よく見る光景。

 

 

 

きたきた~。

f:id:hachi-log:20190304010511j:plain

f:id:hachi-log:20190304010529j:plain

梅干しとじゃこ天が乗ったうどんと、鯛めし。

坊っちゃん御膳ってメニューだったかな。

 

f:id:hachi-log:20190304010545j:plain

と、わたしだけカレーライス。

カレーの気分だった。うまうま。

 

 

 

最後にカフェでゆったりわちゃわちゃ

地元の人しか通らないような道を通ってのドライブを楽しみつつ、まめさんオススメのカフェへ。

f:id:hachi-log:20190304010553j:plain

f:id:hachi-log:20190304010602j:plain

外観から素敵、、、!

 

www.sorasito.jp

 

中も落ち着いた雰囲気。窓から差し込む光がいい。

f:id:hachi-log:20190304011224j:plain

f:id:hachi-log:20190304011251j:plain

f:id:hachi-log:20190304011259j:plain

f:id:hachi-log:20190304011239j:plain

f:id:hachi-log:20190304010949j:plain

使うのをすっかり忘れていたFUJIFILMカメラのフィルムシミュレーション(フィルター機能)、クラシッククローム。

カフェの落ち着いた雰囲気ととても合う。

 

そしてついついやりたくなるやつ。

f:id:hachi-log:20190304010611j:plain

みんなしてこんなんばっか撮ってキャッキャとしてた。

光の入り方が最高の席だった。

  

 

ランチが絶品で箸が止まらなくなる。どれもこれもおいしい。

f:id:hachi-log:20190304011137j:plain

f:id:hachi-log:20190304011106j:plain

f:id:hachi-log:20190304011357j:plain

f:id:hachi-log:20190304011412j:plain

特にこれ。味噌汁に入ってた、、お麩?すごくおいしかった。

 

 

ランチには好きなドリンクがセットでついてくる。

f:id:hachi-log:20190304011430j:plain

渋い、、、!

 

f:id:hachi-log:20190304011511j:plain

可愛い、、、!

 

f:id:hachi-log:20190304011447j:plain

、、、!

 

f:id:hachi-log:20190304011505j:plain

まぁ笑うよね。

 

そんな風に写真を撮る遊び。いつまでもやってられる。

f:id:hachi-log:20190304011518j:plain

特別な何があるってわけじゃないけど、ただただ楽しい。

写真が、それを通したコミュニケーションが、いいなぁ好きだなぁって。

 

f:id:hachi-log:20190304010914j:plain

f:id:hachi-log:20190304011023j:plain

みんな本当に写真が、カメラが好きで、

一緒に過ごしていてそれがいつも感じられてとても心地いい。

 

 

f:id:hachi-log:20190304011643j:plain

これにてみんなとの四国旅はおしまい。

 

3日間、遊んでくれてありがとう!

大変大変お世話になりました!!

めちゃくちゃ楽しかったー!!!

 

それじゃあ、またいつかどこかで。

 

f:id:hachi-log:20190304013107j:plain

f:id:hachi-log:20190304013842j:plain

f:id:hachi-log:20190304013131j:plain

 

tarokuro.hatenablog.com

 

shunsanpo.com

 

mame-mofu.hateblo.jp

 

 

 

 

ひとり旅のはじまりはじまり。

これからのスケジュール。

愛媛県の西の方にある八幡浜という場所からフェリーに乗って、大分県の別府へと向かう。

 

今いる松山から八幡浜までは電車で乗り換えなしで1本。シンプル!
f:id:hachi-log:20190304201243j:image

 

乗車時間は2時間くらいらしいけど、まぁぼんやり過ごしてればいっか。

2時間くらいの電車移動なら慣れてるから大丈夫~。

 

 

こちら松山駅。

f:id:hachi-log:20190304011650j:plain

f:id:hachi-log:20190304011659j:plain

f:id:hachi-log:20190304011707j:plain

松山から八幡浜まで1280円。

 

f:id:hachi-log:20190304011714j:plain

乗る電車がこれ。1両電車だった!

f:id:hachi-log:20190304011730j:plain

席がひとつひとつしっかり分かれてる。

車両のど真ん中、席と席の間にゴミ箱まであった。

 

全部が新鮮。

 

 

窓の外をずっと見てた。

f:id:hachi-log:20190304011738j:plain

 

 

f:id:hachi-log:20190304011810j:plain

 

 

f:id:hachi-log:20190304011819j:plain

 

 

f:id:hachi-log:20190304011827j:plain

 

 

f:id:hachi-log:20190304011844j:plain

緑が広がっていたかと思ったらいつのまにか海沿いを走り出して。

海といっても関東の海とは全然違って遠くにはぽつぽつと島が見えてて不思議な感じ。

本当に遠くに来てるんだなぁ。

 

空の奥の方の雲が薄まってきて、ほんのりと陽の色が見えた。

嬉しい。そのまま雲が流れて晴れていってくれないかな。

 

そんな風にのんびりと考えながら旅気分を楽しみつつ、さっきまでのみんなとのわいわい過ごしてた時間との差に心細さも感じててなんとも言えぬ気持ちになる。

 

 

 

そんなタイミングでとある駅に到着。

まだ1時間くらいしか経ってないからわたしが降りる駅まではまだまだ。

 

この駅でほとんどの乗客が下車!!!

心細さが加速!!!

 

え?!なんで?!

さっきまで座席が埋まるくらいには人がいたのに!

f:id:hachi-log:20190304011902j:plain

みんな降りちゃった。

 

残ったのは地元民っぽいおじさん2人組と、女子高生と、男子中学生と、ひとり旅っぽいダンスとかやってそうな大学生くらいの女の子。

いきなり5人+自分になってしまって、車内はガラガラ、、、。

 

え、合ってるんだよね?この電車で。

あと1時間くらい乗り続ける予定なんだけど。

え?あれ?フェリー乗り場に向かう人ってほとんどいないもんなの?

 

急に不安だらけ。

 

f:id:hachi-log:20190304011918j:plain

f:id:hachi-log:20190304011934j:plain

f:id:hachi-log:20190304011951j:plain

段々と不安が増してきて、電車は海沿いを抜けて今度は山へと進んでいく。

山、、、山の間を走り出したよ、、、。

 

これさ、もしこの1両電車が止まっちゃったり、どこか違う駅で降りちゃったり、寝過ごしてフェリーの駅を通り過ぎちゃったりなんかしたら、わたし対処できるの?

間違いなく1時間に1本レベル、、、もしくはもう夕方だから明日まで電車がないとかそんなレベルだったりする、、、?

 

都内と違って自力でリカバリーすることが難しい。

その辺の人に助けを求めるにしても、窓から外を見てる限りそもそも人が歩いてない。

日が暮れたら何も見えないくらい真っ暗になってしまいそう。

 

普段だったら失敗しても何とかなるなるくらいに思えるけど、ここじゃ何とかできる自信がない。

無力感。

こわい。すごくこわい。

この1両電車に全てを委ねた状態。

 

予定通りに行けばなんともないけど、もしかしたら、とか考え出すと止まらなくなる。

 

到着時間と時計と駅名をずっと確認し続けてた。

 

f:id:hachi-log:20190304012000j:plain

 

 

着いたーーー!!!!!!!!!!!!!!!

f:id:hachi-log:20190304012019j:plain

f:id:hachi-log:20190304012028j:plain

あぁぁぁ、、、よかった、よかった。ちゃんと着いたよ、八幡浜駅。

そりゃ調べてきたんだからその通りに乗ってれば着くんだけど、でも本当にこわかった。

ほっとした。

 

でもまだほっとできない!

これからフェリーの出港時間までにフェリー乗り場に行かないと。

チケットも現地で買うものだからそれもこれから!

 

そしてこのフェリー乗り場、駅から少し離れている。

事前に調べてきたものによると徒歩だと30分。あとはバスかタクシー。

 

今が16:40。

乗る予定のフェリーの出港時間は17:25。

 

出港時間までにチケットを買ったり手続きが必要ならそれもやらなきゃいけない。

どうしよう。なにで行こう。

f:id:hachi-log:20190304012035j:plain

駅を出たところにあった案内図を見ながら考える。

1本道だし徒歩で余裕を持って行ける気がする。行くか。

 

ってところに同じ電車に乗ってたひとり旅っぽい女性が来た。

遠目でしか見てなくてダンスをやってそうな大学生とか思ってたけど、ちゃんと見たら結構歳は近そう。

同じように看板を見てたから、絶対この人もフェリーに乗る人だ。

 

 

目が合って同時に声をかけてた。

 

当たり!フェリー乗り場に行く人だった!

一緒に歩いていくことになった!やった~~~!うれしい。

 

不安でいっぱいだった旅がぱーっと明るくなった。

 

 

 

f:id:hachi-log:20190304012044j:plain

話をしながらフェリー乗り場を目指して歩く。

 

電車に乗ってるときに見られていたらしくて、

ずっと写真を撮ってたからたぶんいい人だなー大丈夫って思ってて、だからこうして声をかけた、

って話してくれた。

 

カメラってすごい。そんな効果があったのか。

 

なんかたくさん話をした。

これまで来た道とか、普段やってることとか、天気のこととか、好きなものの話とか。

そんな会話をしながら、「旅先で看板の写真を撮るのが好きなんだよねー」って話してふら~っと看板に吸い寄せられてスマホ構えて写真をパシャパシャと撮ってた。

そんな感じの人だったからわたしも普段どおり好きに写真撮って歩いてた。

すごい、いい。この自由な感じ。距離感。

f:id:hachi-log:20190304012057j:plain

フェリー乗り場にもちゃんと向かえてる。ばっちり。

 

f:id:hachi-log:20190304012104j:plain

よし、着けた!八幡浜みなと。

すぐ近くに道の駅があったから、そこで何か買い込んで船に持ち込もうって話になってちょっと買出し。

f:id:hachi-log:20190304012110j:plain

f:id:hachi-log:20190304012138j:plain

 

中はまさに道の駅。名産物とか軽食がいっぱい売ってた。

時間があれば海鮮丼を食べるのもアリ。

 

ちょっと時間がギリギリかも。急ぐ。

f:id:hachi-log:20190304012123j:plain

f:id:hachi-log:20190304012131j:plain

f:id:hachi-log:20190304012150j:plain

f:id:hachi-log:20190304012221j:plain

ブレまくり。焦ってる。

 

f:id:hachi-log:20190304012245j:plain

急いで切符売り場に向かうも、切符を買う前に乗船申込書の記入が先だった。

 

これ。

f:id:hachi-log:20190304012236j:plain

急いで書いて、再度切符売り場へ。

 

f:id:hachi-log:20190304012252j:plain

買えた~~~!

17:15!出港10分前!

すぐ乗ってくださいと言われてそのままフェリーへ。

 

f:id:hachi-log:20190304012301j:plain

少し夕日が見える!

 

f:id:hachi-log:20190304012309j:plain

よかった~~~!無事にフェリーに乗れた。

今度こそひと安心。

 

そして2人してはしゃぐ。

デッキに行こう!

 

f:id:hachi-log:20190304012317j:plain

f:id:hachi-log:20190304012325j:plain

f:id:hachi-log:20190304012358j:plain

 

 

 

 

このとき写真を撮らせてもらったんだけど、それがすごく楽しかった。

ブログに載せていいって言ってもらえたからちょっと載せる。

f:id:hachi-log:20190304012345j:plain

 

f:id:hachi-log:20190304012331j:plain

 

f:id:hachi-log:20190304012338j:plain

 

雲はまだたくさんあったけど隙間から夕日の光がもれていて、それがまた幻想的な空の色になっていた。

淡い色がすごく綺麗、、、。

 

f:id:hachi-log:20190304012352j:plain

 

f:id:hachi-log:20190304012408j:plain

 

f:id:hachi-log:20190304012415j:plain

 

f:id:hachi-log:20190304012421j:plain

 

f:id:hachi-log:20190304012439j:plain

 

気付けば長い時間ここにいた。

ゆっくりじっくりとシャッターを切ることが楽しかったし、なにもせずにただただ空と海を眺めてる時間もよかった。

 

 

 

 

ぷしゅっ

f:id:hachi-log:20190304012451j:plain

船内に戻って窓から外を眺めながらおいしいものをつまむ。

へへ、旅の楽しい感じ。

f:id:hachi-log:20190304012504j:plain

f:id:hachi-log:20190304012458j:plain

おすそ分けもらった。黒いコロッケ?

なんだったんだろ、これ。

 

フェリー乗り場へ向かいながら話してた話の続き。

段々と慣れてきたからか気付けばなんだか深い話までしてて。

これまで周りにはいなかったような生き方、働き方、暮らし方、考え方。そういうものを普段のコミュニティとは全然違うところで知り合った人だからこそ触れられて、それを聞いて話してって過ごすのがとても面白い。

凝り固まったものが少しほぐれた。

 

 

そうそう、このおねーさん、まだ今夜の宿を取ってなくて。

フェリーに乗ってから宿の手配をしようと思ってて、なんて話してたからわたしが今夜泊まる友達が薦めてくれた宿を紹介したらそのまま同じ宿に泊まることになった。

この勢いというかノリというか、好きだわ。

 

 

お腹がいっぱいになって、だらっとしたくなって移動。

f:id:hachi-log:20190304012720j:plain

f:id:hachi-log:20190304012702j:plain

2等客室はこんな感じ。好きにごろっとできる。

 

f:id:hachi-log:20190304012737j:plain

f:id:hachi-log:20190304012638j:plain

あ~~~。よき。

 

このあとはお互いマイペースにごろごろと好きに過ごしてた。

あ、あとひとり旅だとトイレ行きたいとかでちょこっと動きたいときにも荷物のことが気になるけど、こうやって安心できる相手がいると貴重品以外くらいなら見といてもらえるからそういうのって助かるよね、って話をしていて完全に同意だった。

そう、ちょっとしたことなんだけど、すごく助かる。

ちょっと頼れる人ができるっていい。 

 

 

 

f:id:hachi-log:20190304012645j:plain

大分が近づいてきた。

 

f:id:hachi-log:20190304012754j:plain

f:id:hachi-log:20190304012803j:plain

f:id:hachi-log:20190304012820j:plain

大分県の別府に到着。

フェリーの旅、すごくよかったなぁ。

おねーさんと出会えて、一緒に過ごせて、話せて、そのおかげで物凄く楽しい時間になった。

絶対ひとりじゃ楽しめてなかったもん。運が良かった。

 

 

 

今夜一緒に夕飯を食べようと話していた大分の友達がフェリー乗り場に迎えに来てくれてて。

全く知らない土地に来て気持ちがそわそわしてたんだけど、知ってる顔を見たら一気に安心した。

 

この旅の最中に何度も思ったけど、人の存在ってすごい。知らない土地での不安感がぶっ飛ぶ。

f:id:hachi-log:20190304013751j:plain

  

長い長い一日だった。

布団に入ったらすぐ落ちてた。