きまぐれハチログ

思いつき行動多めの日常記録。一人暮らし/シンプルライフ/写真/お出かけ/料理

きまぐれハチログ

MENU

誰かと長い時間を過ごすのが苦手だった。

f:id:hachi-log:20180803053452j:plain

 

ブログを始めた3年くらい前、誰かと長い時間を過ごすのが苦手だった。

そんなことをよく書いていたと思う。

 

一緒に出掛けても数時間でバテてる。

仲が良いとか好きとか楽しい場に行くとかあまり関係なかった。

誰かがすぐそこに居続けている、っていう状況がHPをすごい勢いで削っていく。

本当はもう帰りたい。ひとりになりたい。でもそんなことは言えない。

時間になって解散してひとりになるとほっとして急に元気が戻ってくる。

だから自分は人付き合いが向いてないんだと思ってた。

 

 

会話をすること自体も苦手だった。

会話はスピードが早すぎる。

言葉を受け取ったあとに一度考えてから言葉を返したいのに、目の前に相手の姿があるとすぐに何か言葉を返さなきゃいけないような焦りが出る。

結果、反射のような言葉しか発すことができず後悔ばかり。

メールとかの文章のやり取りは好きだった。

考える時間が与えられてて、好きなタイミングで返せる。

対面が好きじゃなかった。

目線も好きじゃない。これは今もだけど。人の目はこわい。

 

 

今でもそういう部分はあるけどだいぶ減った。

誰かと過ごすことが全部が全部しんどいとは思わなくなった。

楽しいとか心地よいと思えるときもある。

 

自分の内面の変化か、関わる人たちの変化か。

 

まず慣れたのかもしれない。人に。

他者は大して自分のことを気にしてないよ、ってわかった。自意識過剰が少しずつ緩んだ。

そもそもわたしが好きな人たちは良い意味でわたしに大して興味がない。

どうでもいい。

って言うと響きが悪いな。「どんなでもいい」かな。

緩い肯定をしてくれてる。

それにみんなそれぞれの人生に夢中で忙しいし。そういう人たちだから好き。

 

 

 

この3年で結構いろんな人と出会ったとは思うけど、付き合い続けてるのは少数。

人の好き嫌いがはっきりしすぎてる。嫌いはあまりないけど興味が湧かないままフェードアウトが多い。

基本的に他者にあまり興味が持てない。自分のことだけ常に考えてる。

それを考えると、好きだなー心地いいなーって思って穏やかに時間を過ごせる人たちができたっていうのはすごいこと。

 

3年前より前から付き合い続けてた人たちと過ごす時間も以前よりも穏やかになってる。

なんか、力が抜けた。