きまぐれハチログ

思いつき行動多めの日常記録。一人暮らし/シンプルライフ/写真/お出かけ/料理

きまぐれハチログ

 

友だちの結婚式に行った話

友だちの結婚式だった。

大学時代の友だちだから気づけば10年を越えた付き合い。

共通の友だちが多くて結婚式は同窓会みたいだった。

久しぶりに会った子もいたのにみんなで顔を合わせて「なんか変わらないね」って。

結婚したり子どもができたり遠くに引っ越したりみんなそれぞれ変化はあったのに、なんか変わらない。ずっと会ってなかった感じがしない。

ふわっといつもの調子で会話が始まって、そのいつもの調子がなんも変わってなくて面白い。

これってこの先もずっとこのまんまなんだろな。

 

 

 

今日のために1冊アルバムを作った。式の後に渡すやつ。

少し前にうちに友だちが集まってくれて一気に作り上げた。

事前にみんなに送ってもらった写真をプリントしておいて、それを時系列に配置して、デコレーションして、コメントを書き込んだ。

 

hachi-log.hateblo.jp

 

作りながら「懐かしい!」「え、この写真なんだっけ?!」「あー、そんなことやってたー!」「10年前なのに全然変わってないね」ってわいわい。

作ってる側も楽しい。写真はすごい。たくさんのことを引き出してくれる。

自分の頭だけじゃ思い出せなくなったことを思い出させてくれる。

だから好き。

 

 

 

雨予報だった今日。まさかの晴天。

すっごくいい天気だった。なんていい日なんだろう。結婚式日和。

 

受付の30分前に式場の最寄り駅に向かった。

電車を降りてホームに出たところで肩をたたかれた。受付の担当の子だった。

そのまま一緒に喋りながら改札へ向かうともうひとりの受付の子。

一緒に式場に向かって少しロビーで待ってると続々と懐かしい顔が集まってきた。

いつもの6人組の5人に加えて、、、なんだろ、みんなそれぞれ違う輪で繋がってる友だち9人。

全員が同じクラスなわけでもなく同じグループなわけでもなく同じゼミなわけでもなくて、違う輪が少しずつ重なってできてるゆるーい繋がり。

「久しぶりなのになんか落ち着くね」って誰かが話してて、それすごくわかるなぁって思った。

なんだかよくわからない安心感。

誰ともべったりはしてないんだけど、よくは知ってるから。わかってるから。安心する。

 

 

 

f:id:hachi-log:20181117141314j:plain

コートをクロークに預けて受付を済ませたら、やることがひとつ。

アルバム作りの最後の書き込み。会場の端のソファーでこそこそと作業。

遠くから来るから当日にしか作業できない子にコメントを書いてもらった。

そして最後に隙間を装飾してできあがり。

f:id:hachi-log:20181117223248j:plain

出来上がったアルバムはひとまずクロークに他の荷物と一緒に預けていざ挙式&披露宴。

 

 

 

悩んだカメラだったけど結局持っていった。

NikonD7000と単焦点35mmの組み合わせ。

f:id:hachi-log:20181117151022j:plain

f:id:hachi-log:20181117150922j:plain

f:id:hachi-log:20181117153300j:plain

f:id:hachi-log:20181117153525j:plain

f:id:hachi-log:20181117170537j:plain

f:id:hachi-log:20181117171225j:plain

f:id:hachi-log:20181117183515j:plain

写真を撮るときに決めていたことがあって、あまり頑張らないこと。写真を撮ることが目的じゃない。

それと友だちをたくさん撮ること。

メインの王道写真は式場カメラマンがばっちり撮ってくれるから、わたしはみんなのことをたくさん撮って友だちサイドから見た結婚式の様子を残そうって。

そう思って撮りながら過ごしていたらすごくすごく楽しかった。

 

 

 

今回の式で知った新婦である友だちの家族エピソードが本当に素敵で、こういうお父さんお母さんのもとで育ったから真っ直ぐで一生懸命でユーモア溢れる子なんだって納得しちゃって、すごく心温まった。

お父さんがひょうきんな方で式の最中もちょくちょくみんなのことを笑わせにきてて一気に心掴まれた。ファンになった。

これまで知らなかったそんなバックグラウンドも知れて、結婚式って面白いなぁって思った。あんまり家族の雰囲気を知る機会なんてないから。

最初から最後までずっとみんなニコニコでアットホームで本当にいい式だった。

 

 

 

披露宴が終わって新郎新婦が退場してあることに気がついた。

あ、渡すアルバム、クロークじゃん。

会場の外では新郎新婦がお見送りのご挨拶待ちしてるのに今手元にアルバムがない。

二次会をやらないからここを逃すと渡せるタイミングがない。

 

あーーーーーーーーーーーーーーーー。

 

運よくお見送りの場所が会場を出て少し奥に行った先にあるエレベーター前だった。

その手前に階段がある。

お見送りのご挨拶待ちしている人の列に紛れて階段で下の階に行ってエレベーターでクロークの階まで下りた。

クロークで無事にアルバムを回収して上階にごー!

みんなのところに戻るとまだまだお見送りの列はわちゃわちゃしててセーフ!間に合った~。

 

そんな様子をにこにこ見守ってくれてたり、カメラや引き出物を預かっててくれてたり、「行ってきなよ!」「よかったぁ~」って一緒になってくれてたり、あーもうみんな好き。

そんなこんなで無事に渡せた。

泣かれた。

嬉しすぎる。

 

写真っていいな。

学生時代の写真なんて解像度がひどかったりブレてたりなんだけど、でも写真っていい。懐かしいものがぎゅっと詰まってる。

帰ったらまたゆっくり見てもらいたい。

 

 

 

今日の写真もまたまとめる予定。

さっそくみんなで写真を共有してる。あっという間に9人分の写真が集まってすごいことになってる。

数が多いから今度はフォトブックサービスを使おうかな。

友だちサイドからのアルバムを1冊作って贈る。

今日のことをいっぱい詰め込んどく。

 

 

 

結婚おめでとう。

ムービーで流れてた旦那さんと一緒に梅酒を漬けてた写真、すごくいい顔で笑っててすっごく好きだった。

今日もずっといっぱいくしゃって笑ってて素敵だった。

いつまでもそんな感じで仲良くお幸せに。