きまぐれハチログ

思いつき行動多めの日常記録。一人暮らし/シンプルライフ/写真/お出かけ/料理

きまぐれハチログ

 

100%の言葉なんてないんだけど、それがわかっていても言えない、言いたくない

こだわりぐせってやつで。

わたしの中で言葉として相手に伝えるときにはそれがあるらしい。

 

誰にだって思っていないことを言いたくないって気持ちはあるだろうけども、それがやたらと強い傾向にある。

 

自分の中で考えてるときには曖昧さを許せるし行ったり来たりを繰り返して答えを見つけるんだけど、

相手に伝えるとき、完全に確定した気持ちじゃないと言えない、言いたくない。

 

感情なんだから完全な確定なんてないし、曖昧さがあるものだし、変化もするものなのに。

そういうことをわかった上でも、いやだ。

 

好きも嫌いも興味があるもないもごめんもありがとうも、自信を持って言える気持ちの上でじゃないといやだ。

 

自分の中で納得をする、というプロセスが必要で、それだから時間がかかってるし、テンポのいい会話は苦手だし、ひとつひとつが重くて、とてもめんどくさい。

 

 

ただ、これを気に入ってるから変えようとも思ってない。

時には白黒だけじゃなくてグレーでいることも必要だから一時的には合わせられるように努力はするけど、近しい人とのやり取りは重いままがいいや。

 

 

 

愛情表現にはいろいろあるけども、あなたはなにを「愛情」として強く認識するか、どんなことがいちばん満たされるのか、という話があった。

 

・プレゼント

・家事などの行動で尽くす

・触れる

・愛を言葉にする

・時を共に過ごす

 

これ面白いなーって思って、まわりのいろんな人に聞いてみてる。

わたし自身はわからなかった、自分がどれにいちばん反応するのか。

それもあってみんなの答えに、答えに至った理由に興味津々。

 

その中でひとり、「全部だけど、どれが一番かと言ったら言葉」と答えた人がいた。

「あなたが言葉にこだわる人だから」って。

 

こういう人と親しくなれて、本当に人に恵まれてるなーって思う。