きまぐれハチログ

思いつき行動多めの日常記録。一人暮らし/シンプルライフ/写真/お出かけ/料理

きまぐれハチログ

MENU

【和のあかり×百段階段2018】20時閉館、19時15分到着でバタバタのなか夢中で撮り続けた45分。

寝坊した。

 

朝4時に起きて散歩して、そのまま起きて過ごしていたら夕方に寝てしまっていた。

今夜は写真を撮りに出掛けるのに。

 

待ち合わせは18時45分。

一緒に撮りに行く友達3人の仕事終わりに合わせた時間。

 

 

 

ハッと目を覚まして時計を見たら、家を出るつもりの予定の時間を1時間過ぎている。

いや、でも、違う。うちの時計は30分早めてるから過ぎてるのは30分だ。

軽くパニくっていてさっと計算が出来ない。

 

そもそも早めに行って待ち合わせ場所付近でのんびりお茶して待ってるつもりだったから大丈夫、今から急げば間に合う。

 

 

 

さっきパニくった勢いで今夜のお出掛けグループのLINEに「ごめんなさい!!!!油断して寝てしまっていて今起きました!!走ります!!」と送ってしまっていた。

返事がきてた。

 

「おはようございます」

「〇〇先輩の残業がきっとまだ終わってないから大丈夫」

(※3人は同じ会社の同僚。多分部署は違う。)

 

どうやら急いで行けば問題なく間に合うみたい。

そしてちょっと笑われた。

 

 

 

荷物をカバンに放り込んで家を飛び出した。

カメラとレンズと財布とスマホと鍵。これだけは確実に入れたから大丈夫。あとは何を入れたのか記憶がない。

 

駅に着いた頃、急に家の鍵を締めたか不安になる。記憶がない。きっと大丈夫なんだけど。

それと服装。電車に乗れてほっと一息ついてようやく落ち着いて物事が考えられるようになると最初に確認してしまう。

何も考えずに飛び出て来ちゃったけどちゃんと服を着てるよね?靴を履いてるよね?無意識で動いて飛び出してきてるようなものだからこわくなる。

ひとつひとつ確認する。

大丈夫だった。

大丈夫じゃなかったことなんてないけどさ。

 

 

 

待ち合わせは目黒駅。

19時前には集まれた。

 

今夜の目的はホテル雅叙園東京でやっているアートイルミネーション「和のあかり×百段階段」というイベント。

www.hotelgajoen-tokyo.com

 

【 開催期間 

2018年7月7日(土) ~ 9月2日(日)


【 開催時間 
月~木曜日/10:00 - 17:00(最終入館16:30)
金・土・日・祝および8月13日~17日/10:00 - 20:00(最終入館19:30)

 

【 入場料 
大人 1,500円 

コンビニとかで前売りで買うと1,200円。

 

 

 

詳しくはどんなイベントなのかを知らなかったんだけど、お誘いがあったからほいほいついて行く。

そしたらものすごく楽しいイベントだった。

閉館時間が20時で、会場に着いたのが19時15分っていうドッタバタのなか撮り続けたから余計になんだか楽しくなっちゃってずっとハイテンションで写真を撮っていた。

 

f:id:hachi-log:20180803191525j:plain

 

平日の閉館間際。

そのおかげか来場者が少なくて思う存分写真を撮れた。

 

とにかく写真を撮ることが楽しくてシャッターを切ることに夢中になって、

みんなで展示に「うわぁ、、、素敵、、、!」「どうやって撮る?!」「この角度いい!好き!」ってなってて、

笑っちゃうくらい全然上手く撮れなかったんだけどそれを含めても楽しかった。なんだこれ。

 

わたしは写真を撮る行為のどこに惹かれてるんだろう。

 

光や色が好きで、そんな好きなものをたくさん見られて、それを好きな角度やぼかしで切り取って。

その切り取る行為が楽しいのか。

好きだと思ったそれを、いちばん好きだと思う形に切り取る。

自分の好きを探す感じ、それが楽しい。

 

 

 

会場にはエレベーターで上がって入る。

やたらと華やかなエレベーター。

f:id:hachi-log:20180803191658j:plain

 

エレベーターの扉が開いたその先に、ちらっと見える展示にわぁっと心踊る。

f:id:hachi-log:20180803191721j:plain

 

時間がないというのに最初のここにずいぶんと長いこといてしまった。

振り返ればここに居すぎたなってわかるけど、浮かれてしまって止まらなかった。

f:id:hachi-log:20180803192017j:plain

 

f:id:hachi-log:20180803192247j:plain

 

f:id:hachi-log:20180803192547j:plain

 

f:id:hachi-log:20180803192452j:plain

 

「ほら、もう行くよ!時間ないんだからね」

そう促されて先に進むとたくさんの金魚。

ここからは靴を脱いで進む。

f:id:hachi-log:20180803192747j:plain

 

 

その先にはイベントのタイトルにもある百段の階段。

なんと階段の端にはこけしが寝てる。 

f:id:hachi-log:20180803193140j:plain

 

f:id:hachi-log:20180803193224j:plain

 

f:id:hachi-log:20180803193251j:plain

 

階段を上っていくとその途中途中に部屋がある。

部屋ごとに違ったテーマで展示がされていて、そのそれぞれの世界観にうっとりする。

 

f:id:hachi-log:20180803193501j:plain

 

f:id:hachi-log:20180803193518j:plain

 

f:id:hachi-log:20180803194014j:plain

 

f:id:hachi-log:20180803193912j:plain

 

f:id:hachi-log:20180803194057j:plain

 

f:id:hachi-log:20180803194117j:plain

 

f:id:hachi-log:20180803194208j:plain

 

f:id:hachi-log:20180803194308j:plain

 

f:id:hachi-log:20180803194437j:plain

 

f:id:hachi-log:20180803194538j:plain

 

f:id:hachi-log:20180803194629j:plain

 

f:id:hachi-log:20180803195130j:plain

 

f:id:hachi-log:20180803195248j:plain

 

f:id:hachi-log:20180803195719j:plain

 

f:id:hachi-log:20180803195957j:plain

 

楽しかった、ほんとそれだけ。

20時、最後の最後まで満喫した。

最後の非常口、焦りすぎて同行者のレンズフードが写っちゃった。

 

それぞれの部屋の展示も良かったけど、廊下も素敵だった。

f:id:hachi-log:20180803194809j:plain

 

 

 

会場を出て、ふぅ~っとようやく一息。

会場まわりも素敵で、今度はゆっくりと落ち着いてぱしゃぱしゃと撮り歩いた。

f:id:hachi-log:20180803200735j:plain

 

 

そのまま今度はおいしい時間。

ここでちょっといいものをじっくり食べるか、駅前に戻ってがっつり食べるか、二択。

 

ゆっくりじっくりおいしいもの食べよう、で決まり。

f:id:hachi-log:20180803201450j:plain

 

f:id:hachi-log:20180803201732j:plain

www.hotelgajoen-tokyo.com

 

 

何を飲んでも、何を食べてもおいしい。

f:id:hachi-log:20180803202935j:plain

 

f:id:hachi-log:20180803205321j:plain

 

f:id:hachi-log:20180803210434j:plain

 

f:id:hachi-log:20180803210452j:plain

 

そして楽しい。

さっき撮った写真の話とか、新しいNikonのミラーレスが気になる話とか、次はどこに行こうかとか、写真だけじゃなくて自転車で走り回るのもいいよねとか、そんなことばかり話していた。

 

楽しい話しかない。

おいしいものを飲み食いしながら楽しい話をして過ごす、最高の時間。

 

 

じゃあ、また来月。