きまぐれハチログ

思いつき行動多めの日常記録。一人暮らし/シンプルライフ/写真/お出かけ/料理

きまぐれハチログ

MENU

やる気の波があるから冷凍術と相性がいい

やる気にムラがある。

 

そのムラが結構激しい。

全てがめんどくさくて何もやりたくないときと、細々としためんどくさいことを楽しくやれるくらい調子に乗れるときと。

どっちがどのタイミングでくるか、ざっくり傾向は掴めたつもりでいたんだけどやっぱり日によって違ってて思ったようにいかないことが多い。

 

 

それでも自炊はしたい。お弁当は持っていきたい。

めんどくさいんだけど、出来ずにいたときのデメリットの方が大きいと感じたから。

 

■ 野菜とキノコと少量の米を摂取したいと思うと外食や中食で用意するより自分で用意した方が簡単。

■ 時間の決められてる休み時間に外に食べに行ったり買いに行くのがめんどくさい。

■  食べたいと思ったものを食べられる上にそっちの方がお金が掛からない。

 

主な理由はこのあたり。

 

 

じゃーやるかー!と作る方向で過ごしてるんだけど、まぁ冒頭で書いてるようにめんどくささマックスなときもあるわけ。

暑かったり、眠かったり、怠かったり。

 

 

そこで食材の冷凍術ですよ!


f:id:hachi-log:20180702094120j:image

前にも冷凍術を取り入れようとして、「うわぁ、ちまちまやるのめんどくさー!」って即辞めた過去があるけど今度は大丈夫な気がする。

 

前は何も考えずになんでもかんでも冷凍してたけど、今回やるのは野菜とキノコだけ。

肉は下準備するのがめんどくさいから却下!

 

既に今ぶなしめじの小分け袋になってるやつを大量購入して冷凍庫にストックしてるんだけど、これがすっごい楽なんだよねー。

下準備いらずで冷凍庫に突っ込むだけで、使うときも袋を開けるだけだから。

野菜も灰汁抜きとかの下処理が必要ないものならそんなに苦じゃないレベルだとわかった。切るだけなら続けられる。

このあいだでっかい白菜を買っちゃったときに仕方ないからザクザク切って冷凍して使ってたら、冷凍までの手間より使い勝手の方が勝ったから自分のやれるボーダーラインがわかった。

 

そして冷凍してるから私の苦手な消費期限を把握することから解放される。ざっくりで大丈夫。

 

作業自体が楽なのも魅力だけど、作ることが楽だって感覚として覚えたから料理に取りかかりやすくなった!

めんどくさいことは始めるまでがめんどくさいだけで始めちゃえば出来るから冷凍術の主な目的は行動への心理的ハードルを下げること。

 

 

使い勝手のいい食材ってなんだろう

冷凍(野菜&キノコ)+そのまま使える食材を増やす、って方向でやってく。

 

冷凍する野菜とキノコは下処理が楽なものを選ぶ。

切るだけでいいやつ。

 

あとは冷凍しないでストックできてそのまま使える食材、なんだろ。

高野豆腐の使い勝手と食感はあまり好みではなかったからお麩かな。

+αで使えそうなスライスチーズも良さそう。

海草類はご飯を炊くときに混ぜちゃえば楽かな。ってことでワカメとヒジキも使い勝手が良さそう。

 

肉と魚は食べたいときだけその幾度買えばいいかな。

必ず毎日食べなくてもいっかー。

なんかいい方法が思い付いたら変更する。

 

ご飯は米3合ともち麦1袋を一緒に炊くと、ちょうどうちにあるご飯タッパー&小さめの皿に入りきる量ぴったりになる。

タッパー5つ、小さめの皿6つで11食分。

これは冷凍ではなく冷蔵で保管してるけど、夏に向けてタッパーの方は冷凍にしてもいいかも。保冷剤がわりにもなるし。

 

夏は食材も料理も傷みやすいからめんどくさいね。

暑さが落ち着いたらなんでも鍋と味噌汁を大量生産でいいんだけど、それまではしばし模索していく。