きまぐれハチログ

思いつき行動多めの日常記録。一人暮らし/シンプルライフ/ADD/アスペルガー

きまぐれハチログ

夏の匂い

これくらいの季節になると近所の古本屋さんのお店の前にブタの置き物が置かれる。

そこからふわーっと流れてくる蚊取り線香のにおい。

アロマみたいな香りとは違って“良い香り”ではないはずなんだけど、不思議とあの匂いを嗅ぐと懐かしく落ち着いた気分になる。そんな”いいにおい”。

 

 

家でもあの匂いを嗅ぎながら過ごせたらいいなって思って今年は買うことにした。

去年もそう思ってたんだけど、「そろそろ買いに行こう」と思ってるうちに夏が終わってた。

今年はそうならないようにとすぐ行動。

蚊取り線香を調べてみるとたくさん種類があってどれがいいのかよくわからなかったからオススメを教えてもらった。

 

「菊花せんこう」

ドラックストアをいくつか回っても見つからなかったからAmazonでポチった。

 

 

f:id:hachi-log:20180604224129j:plain

きた。

 

無事に受け取れたのはいいけど、火をつけるものがなかった。家にライターもマッチもない。

翌日コンビニでライターを買ってきた。

 

 

ベランダで付属の線香立てに蚊取り線香をさして、ぐるぐるの一番外側の端をライターの火であぶる。

ライターを使うのなんて花火のとき以来で使い慣れない。風向きを考えずに使ってるとすぐ熱くなる。あと子供事故防止とかなんとかでやたら固い。指が疲れる。

 

、、、ついた!

 

じわぁっと端が赤くなってじりじりと進んでいく。

 

これこれ、このにおい。

夏の匂い。

そんなにきつくない、柔らかいかおり。

 

f:id:hachi-log:20180604224924j:image

受け皿を用意してなかったもんだからとりあえずでアルミホイル。

灰が回収できればなんでもいっか、とは思っていたもののすっごく格好悪い。

受け皿の用意を早急に行おうと決めた。

 

 

翌日、数百円でガラスのトレイを手に入れた。

さっそく敷いた。かっちょいい。

これでもう完璧。

 

 

仕事から帰ってくると最初にベランダに行き、蚊取り線香をつけることが日課になった。

蚊取り線香をつけたあとは、窓を2ヶ所開けて部屋の空気の流れをよくしとく。

部屋の中にふわっと蚊取り線香のにおいが舞う。

 

シャワーを浴びて部屋に戻ってくるとようやく気が緩む。

風呂上りのさっぱり感に加えて匂いの効果ってすごい。

ゆるむ。

ゆったりする。

蚊取り線香の匂いがあると時間がゆっくり穏やかに感じる。

いいなぁ、この感じ。この匂いが好きだ。

 

それを蚊取り線香の写真とともにTwitterに書き込んだらコメントがきた。

 

 

 

「2つを切り離さないの??」

 

 

 

 

 

、、、え?

 

 

 

 

 

!!!!!!!!!!!!!!!!

 

そこでようやく気づいた。

使い方を思いっきり間違っていたことに。

 

f:id:hachi-log:20180604230914j:plain

箱にこの状態で入ってたからそのまま線香立てにさして着火してたけど、そもそもこれは2つ分!

 

なんで刺すところが2ヶ所あるんだろな、とか、

ぐるぐるじわじわ燃えていってもいつまでも交わらないな、とか、

疑問には思ってたはずなのに「まぁいっか」と強行突破してた。

 

この写真を撮ってる時だって今見ると燃え方おかしいよ!何箇所に着火したんだよ!

重さに耐え切れなくなって一部崩れてるーーー。そりゃそうだーーー。

 

箱の側面を見てみるとちゃんと説明書きがあって、

「線香は組み合わせの2巻から必ず1巻ずつ離して使用してください」

って書いてあった。

使用方法の1行目に。

ああああああああ読んでないーーー!

 

 

よくよく考えてみたら自分で蚊取り線香を使うのってはじめてだ。

実家はベープマットを使ってたし、すっごく小さい時やキャンプの時は蚊取り線香を使っていた気がするけど危ないからと火をつけたりはしなかったし、あんまりちゃんと近くで見たことがない。

 

そんなに日常的に親しみあるものだったわけでもないくせに、懐かしいだのなんだの思っちゃえる不思議な匂い、蚊取り線香。

でもやっぱり夏の匂いって思うから、街のどこかで嗅いで過ごしてきたのかなー。