きまぐれハチログ

思いつき行動多めの日常記録。一人暮らし/シンプルライフ/写真/お出かけ/料理

きまぐれハチログ

 

日記を書きたい。

f:id:hachi-log:20180507110227j:image
 

なんとなくで始めたブログ。

引越しをしたあと生活に慣れてきて暇だったから、とかそのくらいの理由だったと思う。

 

2015年に始めて、なんやかんやともう3年。

ある程度続けていたらブログは迷走した。

何を書きたいんだかわからない問題。

いや、書きたいことを書けばいいんだけど。

 

自然と他の人のブログを読むようにもなって、

うわぁ、同じ「ブログ」というものなのにめちゃくちゃ素敵だ!

って衝撃を受ける。

 

ブログ論もよく目に入る。

読者を意識しようとか、誰かの役に立とうとか。

 

 

段々とわからなくなってくる。

なにが書きたいんだったっけ?

 

こうしたい、ってものがなかったからこんなに迷走したんだと思う。

わからなくなったからいろいろと試してみた。

 

 

結果、書いてて楽しいのは日記だ。

写真も好きにいっぱい盛り込んで。

こうやってぐだぐだ考えてることを書いて、ちっとも役になんか立たないやつ。

 

 

このあいだまでこのブログとは別にブログを開設して、脳内を垂れ流しにする日記ブログをやっていた。

1日1回更新で、8ヶ月。

毎日なんでもいいから書き出してた。

それが書いてて頭の中が整頓されて楽しかったし、内面をフルオープンで過ごしていたからそれをきっかけに仲良くなった人が何人もいた。

「あっちのブログを読んでなかったら興味を持つことはなかった。」って話してくれた人もいた。

あんなネガティブだったり自己中心的な思考を垂れ流していただけなのに、それがいいって。人間くさいって。それを好きになったって。

 

 

 

ブログをやっていて充実感を感じる場面はいくつかある。

 

まずはこの書く作業。

頭の中で散らばってるものを文字に起こすこと、写真を選ぶこと、全体を自分なりに整えること、その作業自体がただただ楽しい。

書き終えたときに感じる達成感も好き。

 

そして公開した後の反応だったり交流だったりの時間がいい。

ブログはひとりでやるものだけど、ブログを書いた後はたくさんの人と繋がれる。

しかもそれが自分と興味関心や好みが近い人ばかり。

こんな楽しいこと、なかなかない。

ブログってすごいよね。

 

あとは時間が経ってから読み返したとき。

どうしても記憶ってすぐ薄れちゃうから。どんな楽しかったことも嬉しかったことも。

だから書き残しておいて、ふと読み返したときに記憶を引っ張り出したい。思い出に浸りたい。

書き残すことでいつでも温かい気持ちになれるスイッチをたくさん持てる。

 

 

 

ブログはツールだから楽しめるかどうかは使い方次第。

やっと自分なりの楽しめ方を見つけられた。

また変わっていくかもしれないけど、今は今の感じのブログが好き。