きまぐれハチログ

思いつき行動多めの日常記録。一人暮らし/シンプルライフ/写真/お出かけ/料理

きまぐれハチログ

MENU

一面に広がる青の世界。ひたちなか海浜公園のネモフィラ。

そもそもはサークルで集まる予定だったけど都合がつかない人が多くて延期になったことから始まった。

サークルで会ったときにおすすめのCDを貸してくれると話していた先輩にLINEを送った。

 

「サークルなくなってもーたー」

まだ新しい予定を入れてないならご飯でも行かない?って誘おうと思ってた。

 

「サークルの代わりに、ネモフィラ撮りたいから行く?

ご飯の誘いを言い出す前にさくっと嬉しいお誘いがきた。

 

天気予報では曇りのち雨。

でももうネモフィラの見頃の後半だし、今年行けるとしたらこれが最後のチャンス。

ひたちなか海浜公園に撮影に行ったのはカメラを始めたばかりの頃に一度だけ。

青い花畑はキレイだったけど、ただなんとなくでシャッターを切って終わってしまっていた。

 

リベンジ行きたい!

 

返事を送って、待ち合わせ時間と場所を決めて、寝て起きたらもう当日。

昨日の今日でこうやってさくっと出掛けられるっていいなぁ。

 

 

いつものごとく早朝に起きてしまったからおにぎりをこしらえた。

おにぎりを作るときは茶碗にラップを敷いて、その上にひとつ分のご飯を盛って包んで握るとらくちん。

普通サイズのエビふりかけ味のと、ちいさめサイズの方にはウズラの煮卵を埋め込んだ。 

 

なんとなく思い付きでアルミホイルで包んでみた。

小学生の頃、遠足のときに持たせてくれたおにぎりはアルミホイルに包まれていた。懐かしい。

 

調べてみたらおにぎりをアルミホイルで包むとおいしいという理由が出てきた。

ラップに比べて密着性が低いから上手く熱を逃がしてくれてべちゃっとしない。蒸れを防いでふんわりをキープしてくれる。

 

つまりは今回のわたしのラップの上からアルミホイルで包んだことには本当になにも意味がなかった。

いいのいいの、なんだかわくわく度が増したから。

 

 

 

通勤ラッシュよりも少し早い電車に乗って待ち合わせの駅のロータリーに行くともう先輩の車はあった。

よっ。って手で挨拶をしてドアを開けると借りる予定だった先輩の推しのアーティストの音楽が流れてた。

きっと今日は一日ずっとこの音楽。

 

「疲れたら運転かわりますよん」って声をかけたら間を開けず「いや、いいです」と返ってきた。

こわいこわい、とか言ってくる。

うるせぇ。イメージに反して安全運転だから。

 

そんなわけで運転はお任せした。

あっちに着いたら海鮮丼でも奢ろう。

 

 

 

 

わたしは人と長時間過ごすのが苦手だ。すぐバテる。ひとりになりたくなる。 

でも数年前にはじめてふたりで出掛けたときに比べて大分マシになってきた。たぶん慣れ。

「人といると疲れる」ってやっぱり自意識過剰が原因だったんだなって思う。

わたしは一緒にいる人のことを観察してしまう。気付くと結構見てしまう。そしてあれこれ勝手に考える。

それは他の人も同じだと思ってた。相手からも同じように観察されてるんじゃないかって思ってた

実際はそんなことはなかったらしい。

たしかにわたしみたいに自意識過剰な人もいるけど、全然気にしない人もたくさんいる。

 

「運転中に助手席で寝られると嫌だ、って怒るやつあるじゃん。あれ意味わからん。気にならない。」

ちょうどそんな話をしてくれた。

 

そういうのが気になる人は寂しかったんじゃない?せっかく一緒にいて時間を共有したかったのに寝られちゃって自分ひとりが運転してるだけになっちゃうのが。

そう説明したら「うーん、そうかー。」と納得したんだか納得してないんだか。

 

「きっと自分はひとりでも運転することや音楽を聞いてることで楽しめるから気にならないのかもね。それが出来る人と出来ない人とがいるんだよ。」

それには納得してくれたみたいで、先日もひとりで出掛けてきた話をしてくれた。

気球レースを見に行ったらしくて、レース開始時間が早朝だったからひとり朝4時に家を出たらしい。

人のことは言えないけど、フットワーク軽いなこの人。

 

そしていろいろ気にならないだけあって超マイペース。

一緒に出掛けても基本的に置いていかれる。

もともと歩くのが早くてすたこら行っちゃうのと、人と一緒に行動するってことの意識がゼロ。

 

それが少し寂しくて、それでいてとても楽。

 

 

 

 

f:id:hachi-log:20180424074113j:plain

f:id:hachi-log:20180424083855j:plain

おにぎりを食べながらあれこれ話をしたり、音楽を聞いたり、写真を撮ったり、ぼーっとしたり。

寝不足だったから行くまでに寝ちゃうかなって心配だったけど大丈夫だった。

 

 

 

 

f:id:hachi-log:20180424090749j:plain

9時頃にひたちなか海浜公園に到着した。

開園の30分前だったけどあまり混んでなかった。平日で天気が微妙だったからかな。

数日前の土日は大混雑だったのをネットで見てたから拍子抜けした。

 

開園してまずはメインのネモフィラを目指した。

少し早足で観覧車の下を通り抜け、原っぱを越えて、木々に囲まれた道を進むと青一面の花畑。 

f:id:hachi-log:20180424092408j:plain

f:id:hachi-log:20180424093710j:plain

f:id:hachi-log:20180424093752j:plain

まだ丘の上には誰も到達していない最初の時間。

 

 

今回レンズは3本持っていった。

単焦点35mm、超広角~広角10-24mm、望遠55-200mm。

主に使ったのはやっぱり単焦点。花のまわりをぼかすときれい。

でもネモフィラの中にぽつんと咲いてた赤いポピーを狙うのに望遠はいい仕事をしてくれた。

超広角~広角は景色全体を撮るときに使用。

 

 

単焦点レンズを使うときはなるべく花に寄ってアップで撮った。

あと意識をしたのはローアングル。

下から花びらを空の光に透かすイメージ。 

 

f:id:hachi-log:20180424102417j:plain

 

f:id:hachi-log:20180424102644j:plain

 

f:id:hachi-log:20180424103355j:plain

 

 

 

望遠レンズでは少し距離のあるところの切り取り。

f:id:hachi-log:20180424110857j:plain

 

f:id:hachi-log:20180424100101j:plain

 

 

 

超広角~広角レンズは景色全体。

f:id:hachi-log:20180424101145j:plain

f:id:hachi-log:20180424112311j:plain

 

 

 

とかなんとか言いながら、単焦点レンズで景色や少し距離のあるものも撮ってた。

f:id:hachi-log:20180424113712j:plain

 

f:id:hachi-log:20180424104400j:plain

 

 

あとはお遊び写真をパシャパシャと。

f:id:hachi-log:20180424101732j:plain

表情がじわじわくる。「人が増えてきましたねぇ。」って顔。

 

f:id:hachi-log:20180424103034j:plain

  

 

あまり使う機会のなかった多重露光でも遊んでみた。

f:id:hachi-log:20180424105204j:plain

 

f:id:hachi-log:20180424104902j:plain

 

f:id:hachi-log:20180424105321j:plain

なんだかお別れの写真みたいだ、、、。

 

 

 

 

遊び疲れたので休憩しに観覧車下のレストランエリアに向かう。

ネモフィラのエリアを離れるとゆったりとした光景が広がっていた。

f:id:hachi-log:20180424114346j:plain

f:id:hachi-log:20180424114828j:plain

 

 

 

 

ネモフィラカレー。

鮮やかな青のカレーライス。

存在は知ってたけど、はじめて目の前で食べている人を見た。

f:id:hachi-log:20180424120011j:plain

f:id:hachi-log:20180424120213j:plain

とにかく見た目のインパクトがすごい。どぎつい色をしている。

味は普通のカレーと変わりないけど、甘口だったみたいで辛さが足りないとぼやいてた。

ご飯を食べ始めたら眠気からかお互いぼーっとしちゃってて、そういやほぼほぼ喋ってない。

ふと顔を見たら口元が青く染まってて笑った。

それを教えてあげたくらいで、あとはまたお互いぼーっとしていた。

 

眠い。お腹が満たされたからめちゃくちゃ眠い。

ひとりだったら昼寝を挟みたいところ。

とっても眠いです、、、と訴えてみたけど「動けばどうにかなる」とチューリップ畑に連行された。

 

 

 

色とりどりのチューリップ畑。

f:id:hachi-log:20180424130833j:plain

 

f:id:hachi-log:20180424125719j:plain

 

f:id:hachi-log:20180424132906j:plain

 

f:id:hachi-log:20180424130005j:plain

 

少し見頃を過ぎてしまっていて、近づいてよーく見るとちょっと元気がない花びら。

 

f:id:hachi-log:20180424132113j:plain

 

f:id:hachi-log:20180424133132j:plain

 

f:id:hachi-log:20180424133854j:plain

寂しげな雰囲気にはこっちの色合いの方があってるみたい。

 

 

ここでもまたドアラで遊んでいた。

f:id:hachi-log:20180424130204j:plain

そしたら「敵だっ。敵がいる。」と後ろから知らないお父さんの嬉しそうな声。

f:id:hachi-log:20180424130411j:plain

謎のツーショットを撮った。

野球ネタをいろいろ話しかけてもらったけど、すんません、ドアラはドアラが好きなだけでプロ野球はよくわからないのです。野球は見るよりやるのが好きなんです。

カープのキャラってよくグッズになってる男の子じゃなかったんだ、、、。

 

 

 

 

そんなこんなでひたちなか海浜公園を満喫して次に向かう。

ひたちなかに来たら必ず寄る、那珂湊おさかな市場。

 

f:id:hachi-log:20180424142913j:plain

 

f:id:hachi-log:20180424152243j:plain

 

f:id:hachi-log:20180424151639j:plain

 

f:id:hachi-log:20180424152028j:plain

 

f:id:hachi-log:20180424143658j:plain

 

f:id:hachi-log:20180424143619j:plain

 

f:id:hachi-log:20180424144322j:plain

 

f:id:hachi-log:20180424144142j:plain

 

そして海鮮丼を食べる。

 

f:id:hachi-log:20180424145542j:plain

 

そういやほぼ喋らなかったな、このときも。

 

わたしはぼーっとしながらのんびり食べていて、先輩は逆に食べることに夢中ですごい勢いで食べていて。

「、、、煮こごりかと思ったらコーヒーゼリーだった!」っていう報告を受けたくらい。

 

f:id:hachi-log:20180424150249j:plain

頭の中でイメージしていたものと違う味がいきなり来るとびっくりするよね。

 

 

 

伝票をレジに持っていくとおじいちゃんの店員さんが会計してくれた。

 

話していたらわたしが肩に掛けていたストールに手を伸ばしてきたから、ん?床にでもついちゃってる?って思ったら、「これ、素敵だねぇ」って不意打ちのお褒めの言葉。

お店でのマニュアルじゃない会話って好き。

 

f:id:hachi-log:20180424151320j:plain

 

 

 

車に戻る途中で先輩にいきなり「明太子は食う派?」という質問をされた。

いきなりなんだ?と思ったらこの近くにめんたいパークというのがあって職場にお土産を買っていきたいらしい。

よし、行きましょう。

 

「めんたいぱーくっ。めんたいぱーくっ。」

アクセルを踏みながら変なテンションになってる。たぶん眠いんだと思う。

わたしも負けないくらい眠かった。

 

 

f:id:hachi-log:20180424154432j:plain

 

f:id:hachi-log:20180424154635j:plain

 

f:id:hachi-log:20180424160036j:plain

 

めんたいパーク、見た目がなかなかゆるくて好き。

新潟にあったせんべい王国と同じ空気を感じた。

 

f:id:hachi-log:20180424155921j:plain

 

入ってみると思っていた以上に混み合っていた。

バスツアーのお客さんらしいおばちゃんたちがいっぱいいた。

f:id:hachi-log:20180424155455j:plain

f:id:hachi-log:20180424155028j:plain

寒くなかったらめんたいソフトクリームにも挑戦したかった。

 

 

無事にお土産は買えたようで車に戻る。

 

ひとつ分けてあげよう、と明太子入りソーセージをもらった。

f:id:hachi-log:20180424160159j:plain

f:id:hachi-log:20180424161108j:plain

明太子がぎっしり詰まっていた。

ガソリンスタンドで給油されてるときにこれを持ってるのが少し恥ずかしかった。

 

 

帰り道では推しの音楽についてひたすら話を聞いていたはずなんだけど、気づいたら寝落ちしてしまっていた。

「眠気覚ましがてら運転かわります」って言ったけどやっぱり間髪いれず「いや、大丈夫です」と断られた。

 

すぐに起きるんだけどその数分後には意識がなくなってて、また飛び起きるのエンドレスリピート。

5回くらい繰り返してた。ごめんなさいごめんなさい。

 

 

 

そして程よいところでさくっと解散した。

突発な割に濃い一日だった。

 

人と丸一日を一緒に過ごしたけど、一緒にはあまりいなくて、そこまで会話をしていないというのが面白い。

深く関わるだけが正解じゃないよなぁとは思う。