気まぐれハチログ

思いつき行動多めの日常記録。一人暮らし/シンプルライフ/ADD/アスペルガー/バイク

【引っ越し】新居の審査が通ったので、これからの引っ越しスケジュールの確認

無事に新居の審査が通りましたー!
これでお引越し決定です。


f:id:hachi-log:20170219072135j:plain
この部屋で過ごすのは残り2週間。
少し寂しい(´;ω;`)

なんてしんみりしてられないくらいこれからバタバタです!
やることいっぱいだぞー!

一旦やることを書き出して整頓します!



これまでやったこと・済んでること


14日に「引っ越ししちゃおっかなー」と思い立って物件の内見の予約、
16日に物件を見てきてそのまま決定、
18日に審査通過、
なかなか順調に進んでいます。



新居選び
選び方はひとそれぞれですが、わたしはまず街から選びました。
ざっくりしたエリアから通勤時間の範囲からで探すひともいると思います。
街で選ぶよりその方が選べる範囲は広がります。
ただわたしはなんとなくこの街がいいなーって思っていたところがあったのでピンポイントでその街に絞って探しました。


探し方は毎回同じで(実は社会人になってから6回目の引っ越し)、物件検索サイトホームズを使っています。
不動産・賃貸・住宅情報(マンション・一戸建て)ならHOME'S【ホームズ】
このサイトだといろんな不動産屋さんが扱っている物件を一気に調べることが出来るので便利で気に入っています。



物件の検索条件はコチラ。

▼街
▼予算家賃以内
▼駅から5分以内
▼マンションタイプ
▼17㎡以上
▼ワンルーム
▼フローリング
▼2階以上
▼都市ガス
▼室内洗濯機置き場
▼エアコン付


1Kでもいいけどできることならワンルーム希望。
その方が圧迫感が少ないし、料理しながらうろうろしちゃってもなんとかなるから。

バストイレ別じゃなくてもオッケー。
ただしバランス釜は却下。

キッチンはコンロ一口でも電気コンロでもオッケー。
ただし流し台とコンロだけで作業スペースがないのは却下。


条件はこんな感じで検索をかけて、あとは物件の間取図と写真を見てみてざっくり決めました。
あまり部屋内の写真を載せていないところはパスしました。


そして気に入ったところを見つけたらそのまま不動産屋さんに内見の予約。
不動産屋さんでネットに出していない他の物件も紹介してもらえるように、検索した条件はメモって持っていきます。



内見
いざ物件を見に行く前の下準備として、引っ越し先に持っていく家具のサイズをはかってメモしておきます。
間取り図を見てなんとなく配置もイメージしておくと◎

メジャーは不動産屋さんが貸してくれるので持っていっても持っていかなくてもどちらでも大丈夫。


内見では実際家具が入るか、コンセントの位置や数、臭い、周りの環境、スーパーまでの距離などのチェック。
個人的には、築年数がいった物件だとフローリングでも下に畳を入れたままで歩くとなんだかふにゅふにゅしていて気持ち悪いので、そんな物件じゃないかなんてのもチェックしてます。

あとは前の住人が残していったもので気に入らないものを処分しといてもらえるかのお願いもしておきます。
今回は照明器具がバザールでござールの柄入りっていうなんとも言えないものが残っていたので処分をお願いしときました。


この物件が気に入ったので今回は1件しか見ていませんが、そのまま決めちゃいました。
本当は何件か見て回って決めるのがおすすめです。


審査の依頼
物件が決まったらそのまま不動産屋さんに戻って入居の審査の依頼の手続きをします。
あと初期費用の概算も出してもらいます。
入居の希望日もここで伝えて、今後の大体のスケジュールが見えてきます。

不安点があればここでがんがん言っておきます。



審査待ち
ただ待つべし。
今回は2日で結果の連絡をいただけました。

これで引っ越し決定ー!
あとは契約を交わせば終わりです。



スポンサーリンク




これから引っ越し日までにやること


無事に入居できることが決まったので、やれることがぐーっと増えます!
やれることというか、やるべきこと。
早め早めにやっておくと後々自分が楽です。



今住んでいるところの退去の依頼
なにはともあれまずはコレ!
わたしは毎回バタバタのスケジュールで引っ越しを決めてしまうため、引っ越し日まで1ヶ月を切ってしまっていることが多いです。

ルールとして退去の1ヶ月まえまでに連絡をいれる、としているところが多いんですよねー。
出るには出られるんですが、家賃が1ヶ月後の分まで発生してしまう。

なので入居の審査が通ったらまず最初に今住んでいるところの退去の依頼を出します!

電話で連絡を入れておいて、後日不動産屋さんに手続きしにいきます。



粗大ゴミの処分
引っ越し前に荷物を減らしておきます。
良い機会なので使わなかったものを手離します。

自治体によって処分の方法は違うと思いますが、うちのところはネットで依頼&コンビニなどでシールを購入、というものになります。

すぐに手離しても大丈夫なものは最短の日程、引っ越し日ギリギリまで使うテーブルは引っ越し日に回収日に設定します。



引っ越し業者決め
引っ越しで一番節約できるかどうかが決まるポイントがこれ、引っ越し費用。

見積もりは必ず何社かに依頼を出して比較します。
比較するというか、競ってもらいます。

見積もりを取ってもらってそのまま決めちゃうと高いんですよねー。
それを「このあと他の業者さんにも見積もりをお願いしているので、またあとでお返事しますね」って伝えるだけで一気に値下げしてきます。

え?そんなカンタンに値段って変わるものなの?って最初はびっくりしましたが、何度も引っ越しをして毎回やってると慣れました。
引っ越し屋さんってこういうものみたいです。

見積もりの依頼をそのあと何社か出していても、「今決めてもらえればこの値段でやります!」「よかったら他の業者さんへの断りの電話、代わりにやりますよ」ってそんなことまでやってくれます。


お安く済ますには、
▼不動産屋さんの紹介で引っ越し業者をいくつか選ぶ、
▼同じ日の数時間ずらしで見積もりをとる形にする、
▼荷物は減らしておく、
▼午後のフリー便でもオッケーとする、
▼安く引っ越しをできる日を選ぶ、

といった感じだと思います。


安く引っ越しをできる日というのは、サカイ引越センターのHPのお得な引っ越しカレンダーなどで調べることができます。

お得な引越カレンダー - 便利アイテム|引越しの見積もりは引越しの専業【サカイ引越センター】公式サイト

特に引っ越し日にこだわりはないので、このカレンダーを参考に引っ越し日を決めちゃいます。



各種手続き
転出届が引っ越しの14日前にならないとできないので、引っ越しの2週間前になったら手続き関連は一気にやっちゃいます。

▼転出届(引越日の14日前~当日までに市役所にて)
▼電気水道ガス 停止・使用開始の手続き(ネットにて)
▼郵便物の転送届け(郵便局にある申し込みハガキにて)
▼会社に転居の報告(また?!って言われるw)


こんなところでしょうか。



新居で使うものの手配
これに今一番キャッキャしてます。
たーのしい!



購入を決めたものは入居日に合わせて新居に届くように手配します。
引っ越し完了の時間がまだ読めないので、確実に新居にいる一番遅い時間を指定します。



荷造り
引っ越し業者が決まったら荷造りします。
めんどくさーい…と思いがちですが、以前頼んだ引っ越し業者さんが、
▼衣類はハンガーにかけたままでオッケー
▼収納ケースに入ったものはそのままでオッケー

とのことだったので、物凄く楽チンでした。

やったのは本棚の本をしまったのと、食器を包んだのと、あとは細々としたものを段ボールに詰めただけ。
数時間あれば終わります。




ここまでやったらあとは引っ越し日を待つのみ!



スポンサーリンク




引っ越し日にやること


通勤定期の経路変更
これは引っ越しの移動をしながらやっちゃいます。
引っ越しの移動が通勤定期の範囲内なので、移動が済んだら新しい最寄り駅で手続きします。



荷物の搬入・片付け
荷物が届く前に軽く拭き掃除をしておいて、引っ越し業者さんの到着を待ちます。
荷物を搬入してもらいながら、同時に荷ほどきをやります。
荷物が少ないと搬入が終わる頃には荷ほどきも終わるので、引っ越し業者さんにそのまま段ボールを持って帰ってもらいます。
通常は段ボールは後日回収してもらえるサービスがあるんですが、それだとまた回収のために家で待ってないといけないので、終わらせられるなら当日に終わらせちゃいます。



各種手続き
今度は引っ越したらやる各種手続きです。

▼転入届け(入居から14日以内に市役所にて)
▼住民票の発行(各種手続きに使う分と会社提出分。市役所にて)
▼福祉関係の住所変更(市役所福祉課にて)
▼免許証の住所変更 (警察署にて)
▼キャッシュカード・クレジットカードの住所変更 (銀行にて)


日がくれる前にぱぱっと終わらせます。
部屋の片付けをする前にまずはこれを終わらせておくと夜は気持ちが楽です。



こんな感じでバーっとやってしまうので、いつも翌日には新居で普通に生活を始められています。
なので引っ越しのためにわざわざお休みをとる、ということはしないです。



自分のメモがてら引っ越し記事を書いてみましたが、似た感じで引っ越しを考えてるかたがいらっしゃいましたら参考までにどうぞー!







にほんブログ村

スポンサーリンク