読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気まぐれハチログ

思いつき行動多めの日常記録。一人暮らし/シンプルライフ/ADD/アスペルガー/バイク

人付き合いでつまずく理由

とある生きにくさについて書いているブログを読んでいて、これは自分にも当てはまるなーと思ったのでメモです。

そこのブログと原因は同じではないかもしれないけど、同じように人付き合いでつまずく理由。



■他者の気持ちに関心が薄い

『自然と』は人の気持ちが想像できないのです。
文章のやり取りのように考える時間が与えられればまだなんとかできますが、普通の会話スピードでは対応するのが難しいです。

常に相手の気持ちを想像しながらの会話、って…難易度が高い。

でもコミュニケーションって、会話って、 上手くやるには相手の気持ちを考えることが必須。
相手はただ単に聞いてほしいんじゃなくて、コミュニケーションを取りたいと思った上で会話をしているんだから。

会話はキャッチボールと言う例はよく聞きますが、ボールを上手く受け止めるには想像力が必要です。
『自然と』は関心が持てなくても、人付き合いを上手くやりたいのならもっと意識的に想像する努力をしないと…。
会話スピードを落とす?沈黙をこわがらない?どうしたらいいんだろう。



■受け身姿勢・思考

『受け入れられたい』とか『きいてほしい』とか。
気がつけば姿勢や思考が相手にしてもらいたいことばっかりで、じゃあ同じ事を自分は他者にできているのか、って考えると全然できていないです。
与えることができてないのに、与えられたいとばかり思ってしまってても上手くはいかないです。



■精神的に幼くて依存的

小さな子どもが母親に求めるようなことを、いまだに『誰か』に求めています。
自分のことは自分で満たしてあげるしかないのに。

距離が近くなると、ついつい依存的になってしまいます。





ひとりでいても寂しさもなにも感じないのならこんなことは考えなくてもいいんだけど、私はそうではないみたいで。

人と上手く関われないまま生きていくのは嫌です。

でも今のままだと難しいから。

人の気持ちを想像することを意識をしたり、自分の感情をコントロールをしたり、他者との適切な距離の取り方を学んだり、やらないといけないことだらけ。


ただ単に息を吸って吐いて仕事をして生活をする、ってだけならまだなんとかなる。生きられる。(上手にやれているかはまた別の話)
でもそうじゃなくて、それだけじゃなくて、社会の中で生きていきたい。


ただ生きているだけだと、なんで生きているのかわからなくなる。


上手くまとまらないけど、明日になって忘れちゃわないようにメモでした。







にほんブログ村

スポンサーリンク