読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気まぐれハチログ

思いつき行動多めの日常記録。一人暮らし/シンプルライフ/ADD/アスペルガー/バイク

【ADD・アスペルガー】どんな風に社会の中で生きてるの?

ADD・アスペルガー

ふとした疑問。


今のわたしはまわりの人に恵まれた環境にたどり着いたけど、それでも社会の中で上手く生きてけてるとは言いがたい。
やっぱり誰かを不快にさせてるし、離れていっている人・離れたいと思われてる人もいるだろうし、自分自身も誰かと深く関わるのは苦手。



人付き合いの中で問題になる要素

アスペルガー要素】
・想像力の欠如
・他者の視点に立てない
・共感力の欠如
・短絡的思考 、思い込み・勘違いが多い
・白黒思考
・他者その人そのものには興味が湧かない
・長時間、他者(家族を含む)と過ごすのは物凄く疲れる


思いやりがなく、自己中心的。
空気を読むと言うことが出来ていない。
『こうしたら、こうなるだろう』と言う想像が不足し、なおかつその時その時の自分の感情をもとに行動しているので、他者を不快にさせる。
簡単に言ってしまうと、幼稚。



【ADD要素】
・衝動的行動、発言
・人の話を集中して聞けないことがある


アスペルガー要素の『他者への想像力』が欠けた状態で『衝動的行動、発言』が組み合わされるとトラブル。

たった今、何を話していたかわからなくなって、頭の中が真っ白になることも多い。
重要な話し合いの最中なんかにこれが起こると最悪。
『…話聞いてる?』となる。
さすがに不快にさせてるのは感じる…。



他者その人そのものには興味が湧かないくせに、他者との関係を欲する欲求はある。
寂しさを感じないのなら、こんなに悩んだりしないでわが道を行ってひとりで生きていくんだけど、そうじゃないから困っている。




身近な例

他の人はどう生きているんだろう…。


一番身近な例、父。

3年ほど一切連絡を取っていなかったけど、会わなきゃいけないことができて先日会った。


具体的な言動は説明しきれないから省略するけど、要素だけ書き出すと以下。

・思いやりのない発言、行動
・他者を不快にさせてることに気付いていない、気付いたとき(意識的にやってるときもあるらしい)も罪悪感を持っていない
・異常なポジティブ変換
 例:親しい人がいないことも、人が離れていっていることに対しても、『あいつはこっちが関係を切ってやったんだ』
・幼稚な嘘
・客観的に見たらどう感じるかを冷静に説明しても、言葉が届かない
 批判された、という部分はわかるみたいだけど、そこから自己を振り返ることは一切ない



身近な例なんだけど参考にならないのは、本人が一切困っていないということ。

・異常なポジティブ変換
・人からどう思われたかを気にしてない
・自己を振り返らない


1時間弱で一緒にいることに耐えられなくなって席を外したけど、久しぶりに会ったからこそどんな人だかがよく見えた。



父は母と兄と3人で一軒家で暮らしている。
お互い部屋から出ずにいるから、ほぼ関わることはないらしい。

母は父に関しては諦めてる。
・一緒の家に住んではいるけど、ほぼ関わってないからなんとかなっている
・気持ちをわかってもらおうなんて期待しないようになった
・離婚するのにもエネルギーが必要だから、現状ならギリギリセーフ、らしい


『うちは家族としては成り立ってないね』って苦笑してた。
それでも同じ家で暮らしている母と兄のスルースキルはすごいと思った。


程度は違うかもしれないけど、他者から見たわたしもこんな感じなんだな、ってよくわかった。



自覚があって、でもコントロールしきれてない人はどう生きてるんだろう?

いわゆるグレーゾーンの人。

アスペルガー要素とADD要素を持っていて、
自覚はしていて、
上手くやりたいとは思ってるんだけど上手くやれない人。



どんな風に生きてるかを教えてほしい。



わたしは、まだわからない。


現状、出来る対策として、
・気を緩めすぎないように深入りしすぎない距離を保つ(広く浅く)
・1対1で過ごすときは、事前に時間を短めに設定する
→集中力がもつ範囲で関わる


あとは、そもそも『喋らない』が一番いいんだろうとは思うけど、難しい…。
意識するのを忘れる…。




こういうのをグループワークの中で相談して学んでいくみたいなんだけど、
通っている病院のグループワークの参加者は持っている要素や程度が近い人が見当たらなかったのでなかなか得られるものがなかった…。

インターネットならいろんな人が見ているからどうかな、って思って、今日はこうしてブログに書いてみた。


どうかな。
いないかな、近い人。